読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロトレWebデザインの勉強 | 求職者支援訓練Webサイト制作科 フェリカテクニカルアカデミー

未経験者からプロになるハロートレーニングWebデザインの勉強

タイムラインコントロール - クロスフェード

Flashムービー

  1. PhotoshopのレイヤーをFlashのレイヤーにコンバート
  2. 各写真を「シンボルに変換」
  3. 時間を設計しながら「キーフレームの挿入」
  4. モーションを設定
  5. 各レイヤーをクロス状態にずらしていく
  6. 必要があれば、ActionScriptを記述する

Photoshopでの準備

  • 必要な画像のサイズで写真をひとつのファイルにする
  • Photoshop形式で保存
  • 背景レイヤーは削除しておく


Flashでの作業

新規ドキュメントに読み込む

  • Flashの「レイヤー1」を一番上に移動して、「Actions」とレイヤー名を変更
  • ActionScript3.0スニペットが「Actions」というレイヤー名を採用しているため

シンボルに変換
  • 「修正」メニュー→「シンボルに変換」
  • グラフィックを選択




トゥイーンを作成
  • この場合、キーフレームを先に配置してあるので「クラシックトゥイーンを作成」
  • Shiftキーで、必要なレイヤーを選択する


  • タイムラインの「1フレーム」を選択後に、ステージのインスタンスをすべて選択


  • 「プロパティ」→「カラー効果」→「アルファ」
  • 「アルファ:0」で透明にする



同様に「最終フレーム」も、「アルファ:0」にする

  1. レイヤー名をクリックし、フレーム全体を選択する
  2. クロスする位置までずらす
  3. すべてのレイヤーを同様にする



この時点では「再生」を繰り返します。

  • 最後の写真がフェードして見えなくなるまえに動きを止めます


空白キーフレームの挿入

  • 空白キーフレームの位置にActionScriptを記述する



  • ムービーが停止した瞬間に、外部サイトに移動する


  • ガジェットからは、移動しません
  • ムービー上をクリックすると、再び再生します

応用

  • 「グラフィック」シンボルのままで、移動のタイミングを重ねます