読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロトレWebデザインの勉強 | 求職者支援訓練Webサイト制作科 フェリカテクニカルアカデミー

未経験者からプロになるハロートレーニングWebデザインの勉強

Illustratorとは

Illustratorを起動



新規書類作成

必ず新規書類を作成することが必要です。(机の上に紙をおいて準備する。)

[ファイル]ニュー → [新規]


練習用のファイルサイズは、各自のモニタにあわせます。
初心者は「プリント、A4、ヨコ」が使いやすい。(ヨコを選択しただけで、プリントがカスタムになります。)

ツール

全部を覚えようとしないこと

すべてを覚えてから使うと考えることは意味がありません。
「ツール」は役割を理解して使うようにしましょう。


初期段階の練習では以下のツールのブロックの役割を理解しましょう。

  

塗りと線

形(オブジェクト)には、必ず「塗り」と「線」という属性があります。
どの「パレット」のどの「値」を変えると、オブジェクトをどのように変化するか試してみましょう。


  

パレットの使い方

カスタマイズは、この段階では必要ありません。
大事なことは、パレットの正確な使い方を理解することです。

カラーパレット
  • 「塗り」と「線」の色を決める。
  • 紙:CMYK、Web:RGB



オプションを表示

線パレット
  • 単位は環境設定で変更します。
線幅を指定

画面表示の変更

ナビゲータパレットを使う



  • ナビゲータパレットの中にマウスポインタを入れると「グラバーハンド」に変わる。

グラバーハンドを使う

スペースバー(スペースキー)を押すと一時的に「グラバーハンド」になります。


グラバーハンドは、マウスを「プレス+ドラッグ」すると、表示位置を移動できる。
    

ズームツールを使う

クリックした場所を基準に拡大表示になる。

画面の中心を基準に拡大・縮小する
  • [Ctrl]+[+]:拡大
  • [Ctrl]+[−]:縮小

環境設定を整える

環境設定

必然性にあわせて環境設定を変更する。
※特に「単位」






Webのワイヤーフレームを作るときには、単位を「ピクセル」に変更します。

選択(つかむ)

まず選択ツールの使い方を理解しましょう。

新規ドキュメントを作成する
  1. [ファイル]→[新規]
  2. サイズ:A4横
プリミティブな形を描いてみる
  1. 長方形ツールを選択
  2. ドラッグして描く
  3. クリックして「ダイアログボックス」に数値を入力して描く

オブジェクトを選択する

すでに描いてあるオブジェクトをつかむ行為です。



なには無くても「選択ツール」です。
以下のキーを押すことによりどのツールを選択していても、一時的にツールを「選択ツール」に変更することが可能です。
Windowsの場合[Ctrl]キー
Macintoshの場合[コマンド]キー

選択ツール(黒い矢印)を使う

何か画面上に描画されているものは、必ず選択ツールを使って選びます。

選択したものを移動する

選択したオブジェクトを、マウスで押したまま任意の位置まで移動させる。

選択したものを移動コピーする

選択したオブジェクトを、移動するときに[Alt]キーを押していると、
マウスを放したところに複製ができる。

[Alt:altanate]キーの役割
  1. [Alt]キーを押しながらの移動は「コピー」
  2. [Alt]キーを押しながらクリックすると「ダイアログボックスを表示」

Macintoshでは、[Alt]キーは[Option]キーを使います。

コピー&ペースト
  1. オブジェクトを選択してコピーをする【Ctrl+C】
  2. ペーストする【Ctrl+V】


※コピーされたオブジェクトは、クリップボードに保管されペーストする
 ことにより画面上に貼り込まれる。(開いているウィンドウの中央に)
※保管されたオブジェクトは、何度でもペーストすることができる。

描いたオブジェクトを選択する


  1. 選択ツールを選択
  2. オブジェクトをクリックする
  3. オブジェクトをドラッグする
  4. オブジェクトがブルーの線が重なって見えれば選択されたことになる
  5. 「Ctrl」キーを押しながら、オブジェクトではないところをクリックすると「選択解除」される
  6. マウスのカーソルは、画面上で「スペースバー」を押すことで一時的にグラバーハンドに変更できる

 ※同時にマウスボタンを押しながら移動することにより画面の移動が可能



  1. 「Ctrl」キーを押すと、一時的に「選択ツール」に変更できる。
  2. [Alt]キーを押しながらの移動は「コピー」になる
  3. 画面上で[Alt]キーを押しながらクリックすると「ダイアログボックスを表示」する
  4. [Shift]キーを押しながらの移動は、水平・垂直・45°の移動になる。

Illustratorの役割

  • コンピュータを扱う仕事の中では、コンピュータの特徴である「複製」を利用することが鍵です
  • 「デザイン」的な視点でいえば、「対称(シンメトリー)」を利用して「画面上の安定」をつくります


周りにあるモノの中にある「シンメトリー」を探す習慣をつけましょう。
そしてそれをシンボル化する作業を Illustratorでおこないます。

Illustratorの使い方

(1)オブジェクトを選択する
  つかんだモノが主語となり、次の行為に移ります。
 ※この選択のバリエーションには「移動」「移動コピー」


(2)変形する
  次の行為としての変形。
 ※「反転(リフレクト)」「回転」「拡大・縮小」「シアー」
 ※変形とは「線対称・点対称」の基準に対して、形を変化させること。


(3)描画する
  長方形・楕円ツールで単純図形を描く。
  「ペンツール」で、直線・曲線(自由な線)を描く。
 ※ペンツールに関しての詳細は、授業で。

長方形ツールを使うときのポイント
  1. ドラッグする
  2. クリック後、数値を入力する
  3. [Alt]キーを押しながら、中心から外側に描く
楕円ツールを使うときのポイント
  1. ドラッグする
  2. クリック後、数値を入力する
  3. [Alt]キーを押しながら、中心から外側に描く
オブジェクトを選択する

(1)選択ツール(黒い矢印)を使う
 画面上に描画されているものは、必ず選択ツールを使って選ぶ。


(2)選択したものを移動する
 選択したオブジェクトを、マウスで押したまま任意の位置まで移動。


(3)選択したものを移動コピーする
 選択したオブジェクトを、移動するときに[Alt]キーを
 押していると、マウスを放したところに複製ができる。

[Alt:altanate]キーの役割

  1. [Alt]キーを押しながらの移動は「コピー」
  2. [Alt]キーを押しながらクリックすると「ダイアログボックス」を表示する