読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロトレWebデザインの勉強 | 求職者支援訓練Webサイト制作科 フェリカテクニカルアカデミー

未経験者からプロになるハロートレーニングWebデザインの勉強

目的とパレットの使い方

Photoshopの目的

初心者がPhotoshopの勉強をするときのポイントは以下の3点です。

  1. 選択範囲を決める。(どこをという最初の部分。または主語にあたります。)
  2. 補正する。(写真をキレイにします。目的にあった画像にします。)
  3. 加工する。(マスクや合成をして、元の画像にはない特徴をつくっていきます。)

メモリを管理する

  • ROM:Read Only Memory
  • RAM:Random Access Memory


Photoshopは、開いているファイルサイズの数倍のメモリが必要となります。

  • 開く(Open)
  • 保存(Save)
  • 複製(Copy)
  • 戻る(Undo)

最低この動作を確保するメモリが必要となります。

確保できない場合に「エラー」になります。
「レイヤー」が増えるだけで、ファイルサイズが大きくなります。

Photoshopの起動とカラー設定

Photoshopの初期化

目的は、無駄に消費されているメモリの記憶をリセットすることです。

  1. アイコンをダブルクリック等で起動します。
  2. このとき[Ctrl]+[Alt]+[Shift]を押したままにします。
  3. Adobe Photoshop設定ファイルを削除しますか?」とダイアログがでます。



  1. 『はい』を押して進みます。
  2. つぎに「編集メニュー」→「カラー設定」



  1. 設定を「Web・インターネット用 − 日本」にします。
  2. 『はい』を押して進みます。

パレット位置の初期化

[ウィンドウ]→[ワークスペース]→[初期設定をリセット]



※パレットの位置の初期化により、授業中の操作がしやすくなります。



-素材←授業用


ワークスペース

  • 初心者は、ワークスペースの変更はオススメしません
  • 環境が変わっても同じことができるようになるためには、ツールは初期設定のまま使うことが基本です
ワークスペース・スイッチャー

利用するパレットのセットを切り替えます。


複数画像の扱い

ドキュメントウィンドウ


練習素材

ファイルの情報
  • 左下にあるファイルの容量の部分を押す
  • 「幅」「高さ」「モード」「解像度」が表示されます


画像の拡大縮小
  • 表示の拡大:Ctrl(command)+「+」
  • 表示の縮小:Ctrl(command)+「−」
  • 原寸(100%)表示:Ctrl(command)+「1」
ナビゲーターパレット
  • エリアの拡大縮小や移動が簡単にできます

ズームツール
  • 原寸(100%)にする:ダブルクリック

手のひらツール(グラバーハンド)


括弧の中の英字は、英語モードのときそのキーを打つとそのツールに変更できるという意味です。

環境設定

一般
  • この初期設定が最も使いやすい

ファイル管理

パフォーマンス

単位・定規

カラー設定

  • 「編集」→「カラー設定」
  • 「Web・インターネット用 - 日本」を選択する