読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロトレWebデザインの勉強 | 求職者支援訓練Webサイト制作科 フェリカテクニカルアカデミー

未経験者からプロになるハロートレーニングWebデザインの勉強

ボックスモデル

ボックスモデルの解説の代表例

ボックスを構成する要素


ボックス幅は、コンテント領域幅 + パディング + ボーダーの太さ + マージンです。
コンテント領域がボックス幅ではないので、注意が必要です。


※コンテント:widthとheightプロパティで規定される長方形


パディング:padding

ボーダー辺に対し、コンテントの読みやすさを確保するために空ける空間を指します。
「pad」つまり肩パッドのように、内容の嵩を増して大きいと思わせる設定です。


「padding-top」「padding-right」「padding-bottom」「padding-left」の順に記述します。
これをまとめて記述する場合は、ショートハンドプロパティ「padding」を使用します。


※「−」値は指定できません。


ボーダー:border

本来は「border-width」「border-color」「border-style」プロパティですが、
ショートハンドプロパティ「border」か、「border-top」など個別に指定します。
「幅・色・スタイル」の順序は自由です。


マージン:margin

関連する機能を視覚的にグループ化し、別の機能ブロックと区別しやすくします。
ブロックとブロックの間の空間を広げる設定です。


※「auto」が指定できる。
※「−値」を指定できる。


  • 記述の順序は「外側から」と「重なり順の上から」があります
  • 一般的にレイヤー構図を意識して記述することが少ないからか「外側から」記述することが多いようです
  • 記述順序例

練習課題

【CSS01】
  • 文字色と背景色
<body>
<h1>style要素</h1>
<h3>style element</h3>
<p>HTML文書内にまとめて設定します。</p>
</body>

【CSS02】
  • 文字色と背景色
<body>
<h1>About wine</h1>
<h2>Chianti Classico Riserva</h2>
<p>1435年創業の由緒あるワイン醸造メーカーの名家マッツェイが所有するぶどう園は、いたるところにローマ時代の遺跡が残る小さな集落にあります。<br>
15世紀から現在に至るまで、キャンティワインの造り手たちの先導者であり続けるマッツェイの歴史は、キャンティワインの歴史といっても過言ではありません。キャンティの最高峰と呼ばれるマッツェイは、もっぱら地元の人のために造られる量り売りを飲んでいたぼくにとって、憧れのワイナリーでした。当時はおじいちゃんになったら飲めるかなと思っていましたが、こうして日本で、ましてや自分の店のリストに加えることができるなんて驚きです。</p>
</body>


【CSS03】
  • リンクの文字色(擬似クラス)
<body>
<ul>
<li><a href="#">LINK-link-coral</a></li>
<li><a href="#">LINK-visited-turquoise</a></li>
<li><a href="#">LINK-hover-skyblue</a></li>
<li><a href="#">LINK-active-lawngreen</a></li>
</ul>
</body>

【CSS04】
  • リンクの背景色(擬似クラス)
<body>
<ul>
<li><a href="#">LINK-link-coral</a></li>
<li><a href="#">LINK-visited-turquoise</a></li>
<li><a href="#">LINK-hover-skyblue</a></li>
<li><a href="#">LINK-active-lawngreen</a></li>
</ul>
</body>

【CSS05】
  • 背景色と余白
<body>
<h2>background-colorの設定</h2>
<p>見出しには濃いめの色を背景に指定し、文字を白抜きにします。段落には見出しよりも薄い色を指定します。さらに見出しと段落の上下のマージンを0にして、ボックスの上下をくっつけ、パディングを1em指定します。</p>
</body>

【CSS06】
  • 背景画像を設定



【CSS07】
  • 背景画像を設定(水平方向に繰り返し)



【CSS08】
  • 背景画像を設定(垂直方向に繰り返し)



【CSS09】
  • 背景画像と枠線
<body>
<h1>Page Design</h1>
<p>背景に色数を減らした画像を用意します。背景画像は、縦方向び繰り返しを指定しています。<br>
また、見出しの文字は、大きく、インパクトの強い色を指定し、目を引くようにしています。<br>
このように、やり方次第でデザインの幅が広がります。いろいろ試してみましょう。</p>
</body>



【CSS10】
  • 背景画像(繰り返さない)
<body>
<h1>古池や蛙飛び込む水の音</h1>
<p>芭蕉の「古池や蛙飛び込む水の音」の、連歌の発句として脇を予想したもとの形は「古池や蛙飛んだる水の音」でした。<br>
明らかに、「蛙飛んだる水の音」のほうが勢いがあり、連衆から脇句を引き出す挨拶の意味も込められていましたが、単独の文学作品としては、
「蛙飛び込む水の音」のほうが遙かに余情があるでしょう。<br>
明治以後、近代化された俳句が盛んになると共に、連歌は廃れてしまいました。しかし、近年連歌を巻く人が急激に増加しつつあるようです。<br>
発句には、何よりも連歌全体がそこから始まるという、共同製作の原点という面白さがあります。これまで、俳句だけを作ってこられた方に、是非とも、発句の面白さを経験して戴くために、発句の部屋を開設した次第です。</p>
</body>



【CSS11】
  • 以下のように1示するよう記述しなさい(値は適宜)


宮沢賢治作品
いてふの実
そらのてっぺんなんか冷たくて冷たくてまるでカチカチの灼きをかけた鋼です。
そして星が一杯です。けれども東の空はもう優しい桔梗の花びらのやうにあやしい底光りをはじめました。
その明け方の空の下、ひるの鳥でも行かない高い所を鋭い霜のかけらが風に流されてサラサラサラサラ南の方へ飛んで行きました。
実にその微な音が丘の上の一本いてふの木に聞える位澄み切った明け方です。いてふの実はみんな一度に目をさましました。そしてドキッとしたのです。
今日こそはたしかに旅立ちの日でした。みんなも前からさう思ってゐましたし、昨日の夕方やって来た二羽の烏もさう云いひました。
【CSS12】



【CSS13】