読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロトレWebデザインの勉強 | 求職者支援訓練Webサイト制作科 フェリカテクニカルアカデミー

未経験者からプロになるハロートレーニングWebデザインの勉強

擬似クラス

リンクの色(擬似クラス:Pseudo-classes)

  • 要素の性質スタイルを適用させたい場合に使います
  • 主に「a要素」のリンク時のカーソルの表示状態を設定します


疑似クラスには次の6種類があります。

lang 指定された言語のスタイル
link 通常リンク(未アクセス)のスタイル
visited アクセス済みリンクのスタイル
hover ポイント時のスタイル
focus フォーカス時のスタイル
active アクティブ時のスタイル
※focus と lang の指定は、IE6まででは対応していません。
 まず「リンク時の設定」を理解しましょう。



「link(未訪問)」
「visited(訪問済み)」
「hover(カーソルがリンクに重なったとき)」
「active(リンクに対してアクティブな瞬間)」

  • リンクに疑似クラスを使用する際には、link → visited → hover → active 、といった順序で記述する必要があります。


の4つの疑似クラスの前には「:」コロンをつけます。

a:link {
   color: #0000FE;
}
a:visited {
   color: #880088;
}
a:hover {
   color: #FF6600;
}
a:active {
   color: #FF000;
}


子孫セレクタによりリストに適用

li a:link    { color : #00F ; text-decoration : none ; }
li a:visited { color : #369 ; text-decoration : none ; }
li a:hover   { color : #F00 ; text-decoration : underline ; }
li a:active  { color : #F60 ; text-decoration : underline ; }