読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロトレWebデザインの勉強 | 求職者支援訓練Webサイト制作科 フェリカテクニカルアカデミー

未経験者からプロになるハロートレーニングWebデザインの勉強

Dreamweaverの設定

Dreameaverとは

何をするためのツールなのか
  • 初心者にとっては、HTMLの入力を助けてくれるツール(ただし、勝手に何かをしてくれるわけではありません)
  • 仕事の種類によっては、Dreamweaverを使用しないで「Sublime Text」などのテキストエディターを利用することを求められる場合もあります


初心者にとってのメリット

  • 入力支援機能を利用することにより、ミスタイプを防ぐことができる(支援機能はオフにすることも可能)
  • フォルダー管理をするため、不必要なフォルダー・ファイルなどを触ってしまうミスがなくなる
メリットを活かすための条件
  • デザインビューは利用しない
  • プロパティパネルは利用しない


この2つはメインの機能ではありますが、初心者がプロになっていく過程での勉強には利用しません。


テキストエディターとしてのDreamweaver

サイトの管理(サイトの定義)

  • Dreamweaverは起動後に、必ず「サイトの管理」の設定を求められます
  • 管理するフォルダーを指定して、作業時の効率化をはかる
  • 「サイトの管理」により相対パスの自動更新が可能になる


Dreamweaverでは、Webサーバーにアップロードするのと同じ階層構造をローカルのハードディスクに作成して管理することを「サイトの管理」と呼びます。

サイト管理(ローカルサイトを定義する)

起動後、最初に現れる画面の「サイトの管理」をクリックするか
[サイト]メニューから「新規サイト」を選択する。




新規作成

  • 通常、ローカルでの作業のみであれば、管理するフォルダーを選択し、管理名(サイト名)をつけて保存します


ワークスペースのレイアウト
  • 「開発者」か「コーダー」を選択する


環境設定

コードヒント

  • 「環境設定」→「コードヒント」
  • あえて「コードヒント」が表示されない設定にします



大文字と小文字を区別する



各パネルを非表示・表示

  • コーディングに集中する場合は、パネルが不要です


Dreamweaverの環境

新規ドキュメント


《HTMLの設定》


JavaScriptの設定》


《改行タイプの設定》


《インデントの設定》

  • 「改行タイプの設定」画面の「インデント使用」にチェック


コーディング規約
コーディング規約には、「インデントはスペース2つでなければならない」とあります。
Dreamweaverでは、タブで入力したインデントを自動的にスペースに変換することができません。


そこで、置換機能を使います。

  • タブ記号を表示する

  • タブをスペースに変換(変換したい場所を選択して)

JavaScript支援機能

「Ctrl」+「space」


Macの場合》
「Spotlight」のショートカットキーと重なります。
オフにしないと、機能しません。