読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロトレWebデザインの勉強 | 求職者支援訓練Webサイト制作科 フェリカテクニカルアカデミー

未経験者からプロになるハロートレーニングWebデザインの勉強

超簡単デプロイ

WordPressのデプロイ

  • ロカールのデータをリモートに移して正しく表示させる
ローカルからのバックアップ
  • 「ツール」→「全てをエクスポート」(例:wordpress.xml
  • 「wp-content」→「uploads」フォルダー
  • 「wp-content」→「themes」→「mytheme」

リモートサーバーにWordPressをインストール

  • インストール後に、各フォルダー(uploads、mytheme)をアップロード
  • wordpress.xmlをインポート(アタッチメントのチェックをつける)
リモートサーバー上のデータベースからSQLファイルをエクスポート(wp_posts.sql
  • phpMyAdminからデータベース内にあるテーブル名「wp_posts」のみをエクスポート
画像のローカルのURLをリモートのURLに変更
リモートサーバー上のデータベースに上書き
  • リモートサーバー上のデータベース内のテーブル名「wp_posts」を削除します
  • phpMyAdminのインポートから、変更を加えた「wp_posts.sql」を読み込みます


以上で、完了です。
リモート上のphpMyAdminから「wp_option」を表示させ、「siteurl」と「home」の値が新しいURLになっていることを確認しましょう。
今回は、テーマを自作し内容がシンプルだったため、この方法で問題なくデプロイできます。
プラグインは、設定し直しましょう。
「メディア」は、画像が登録されていないので、サムネールなどで使用する場合は、読み込み直してください。


あえて難しい方法でデプロイする場合は、他のブログをみてください。

WordPressのデータを別サーバーに移行する